諦めるのはまだ早い!ダイエット外来で確実に痩せる方法

女の人

病院でダイエットを実現

ウエスト

専門医学に基づいた対策

肥満対策というと、一般的には自宅でダイエットに励んだり、エステサロンに通ってマッサージや各種のマシンによるトリートメントを受けたりといったイメージがあります。しかし最近ではこれらに加えて、医療機関を利用するという人も増えてきています。肥満解消を目的とした治療プログラムを提供している医療機関を、一般にダイエット外来あるいは肥満外来と呼んでいます。総合病院の中に診療科の1つとして設けられている場合もあれば、専門のクリニックも存在します。ダイエット外来は、以前は病的肥満すなわちそのまま放置しておけば高血圧や糖尿病、心疾患など深刻な病気につながるおそれのある高度の肥満に対する治療をもっぱら行っていました。しかし近年は、そうした高度な肥満に至る前の予防措置として治療を行うケースも増えてきています。健康面はもちろん、美容面の向上を目指して受診する人も少なくありません。自己流ダイエットやエステサロンと比べた場合、ダイエット外来には大きく分けて2つの特徴があります。1つは、健康の専門家である医師の監督下において治療が進められるため、安全性への信頼が高いことです。そしてもう1つは、投薬など医療機関にのみ許されている治療が受けられることです。

自己流では得られない効果

ダイエット外来における具体的な治療内容はそれぞれの医療機関ごとに異なりますが、おおむね共通するのは次の3つです。1つめは、生活指導です。1人1人の体調を細かく診断したうえで、それぞれに合った運動や食事制限などについてアドバイスを行います。これまで自己流のダイエットがうまく行かなかった人、一時的にはうまくいったもののリバウンドしてしまった人などにとっては、失敗の原因と改善方法を知ることができるため非常に人気があります。2つめは、薬物治療です。これは、医薬品を投与することによって脂肪の摂取量を減らすことを目的とした治療です。現時点では、神経中枢に働きかけて食欲を抑制させる薬と、腸に働きかけて脂肪の吸収を抑える薬の2種類の内服薬が主として処方されています。3つめは、外部治療です。これは皮下脂肪に直接働きかけ、その量を減らすことを目的とした治療です。この治療法には、皮下に吸引管を挿して脂肪を体外へ吸い出す脂肪吸引と、脂肪を液状化させて自然に体外を排出させる注射を打つ脂肪溶解注射の2つが主として行われています。いずれの治療法を採用するかについては、肥満の程度・体質・本人の要望などによって決まります。受診の際には医師と十分相談のうえ、最適な方法を選ぶようにします。